ホーム >> ラジアルベーンポンプ

ドラム缶の底まで残液なし!

ラジアルベーンポンプ

ラジアルベーンポンプの特長

ラジアルベーンポンプ

容積が大きくなると吸引され、小さくなると押し出される”ことを利用したポンプです。
ローターへ複数のベーン(羽根)を放射状(ラジアル)に装着。ローターがポンプケーシングと偏芯しているため、回転に伴って2個のベーン間の容積がそれぞれ拡大→縮小を繰り返します。この連続運動によって液(流動体)が吸入・吐出されるため、低速回転でも円滑に液の移送ができます。液の性状(高粘度・泡状でもOK)にとらわれず、完全自給式であることが大きな魅力です。

ラジアルベーンポンプ作動原理

R型作動原理

R型作動原理

V型作動原理

V型作動原理

ラジアルベーンポンプの主な機能

耐久性・耐摩耗度が向上

ベーンとケーシング内部が接触する独自機構により、ベーンの変形摩耗がほとんどありません。さらに、特殊ベーンの採用で耐摩耗度は飛躍的に向上()。

また、ケーシングおよびライナー内面(ベーンとの摺動部)をセラミック圧入・セラミック溶射するなど、耐久性の向上にも数多くの経験と実績に基づいた独自の技術を開発しています。

研磨性の強い液・スラリーには?
セラミック装着ローター

ローターの最も負荷がかかる部分にセラミックプレートを装着することで、研磨性の強い液でも耐久性が大幅に向上します。

特殊ベーン

研磨性がとくに強いスラリー用には特殊ベーンも用意しています。

セラミック装着ローター

ドラム缶の底の底まで

ユニークな機構の容積式ポンプですから、呼び水がなくても運転できる完全自吸式。気体混合(泡状)液の吸引も行えます。NPSHの値も小さいので真空タンクからの吸引、ドラム缶の底の底までの抜き取りに最適です。

接液部の洗浄も短時間で!

出入口(ポートブロック)とケーシングが分離できる構造ですから、移送配管をそのままでケーシングが取り外せます()。だから、ローターやベーンなど接液部の洗浄が短時間で行え、日常のメンテナンスも容易です。(R型、RC型、V型、VC型)

溶剤、高温・高粘度液、スラリー混入液に強い!多様なシール機構

標準シール機構は、クラッチ式(SIC/SIC)。溶剤や溶剤の混入した高粘度液、スラリー混入液にも幅広く対応できます。エッジシールメカ、静止メカも装着可能。

選べるシール(軸封装置)
PI型 (SIC/SIC)

対応機種: RC, VC(40N, 40W, 50P)
RV, V(20, 25)

SE型 (超硬/超硬)

対応機種: VC-65P, VC-80P

SU型 (超硬/超硬)

対応機種: RV, V(20U, 25U)

 
OSシール

1 SUS
2 SUS
3 PTFE
4 カーボン入りPTFE
5 セラミック溶射部分

撹拌できない液に!吐出量可変

容積式ポンプですから低速運転に対応でき、無段変速機やインバータモーターで吐出量可変ポンプにできます。だから、充填用ポンプとしても使用可能。とくに、撹拌してはいけない液の移送には最適です。

静かな運転

機構的に無理がなく、移送がスムーズに行われるため、非常に静粛な運転です。

R型とV型

FUKKOのラジアルベーンポンプは、2タイプ。30年・6万台の実績が光るR型と、さらなる性能アップを実現したV型。使用条件にあわせて選択いただけます。

R型のご紹介

ラジアルベーンポンプR型

  • 正逆回転の移送が、スイッチひとつでOK

V型のご紹介

ラジアルベーンポンプV型

  • ベーン摩耗による性能低下を解消
  • 正逆回転の移送は、ベーンの挿入方向を変えるだけ!
ベーン自動調圧機構(PAT.P)

ベーン自動調圧機構(PAT.P)

これまでのベーンポンプでは、ベーンが摩耗すると、流量低下と圧力低下が生じます。
V型のベーン自動調圧機構はそれを防ぎ、ベーンの交換サイクルを長くし、ランニングコストを最小限に抑えた独自の設計です。

主な仕様範囲

機種名 ラジアルベーンポンプ
型式 V型、R型
口径 20A〜80A/1S〜3S
全揚程 最大 0.5 MPa
吐出量 最大 700 L/min
駆動方式 カップリング直結、Vベルト駆動

主な用途

【化学工業分野】
薬品、塗料、インク、糊、接着剤、アセトン、トルエン、MEK、廃油、
ラテックス、他
【食品工業分野】
豆乳、生呉、酵母、もろみ、麹、液糖、味噌、ケチャップ、マヨネーズ、
チョコレート、他

page top

Page Topへ