ホーム >> FUKKO Q&A >> デフォーミングポンプ Q&A

デフォーミングポンプ Q&A

タイトルをタップすると回答が開閉します。

移送液中の混入エアを除去したい

泡の混入による充填不良や形成不良が多いのですが

脱泡機能を持つデフォーミングポンプなら、移送時に脱泡も同時に行うため、充填不良を最小限に抑えます。また真空タンクや脱泡機などの大掛かりな設備も不要です。バッチでは無く液を移送しながら連続的に脱泡を行いますので生産効率の向上にも貢献致します。

液漏れを防止したい

ポンプの液漏れが頻発するので何とかしたい

デフォーミングポンプは軸封部が接液しない構造(シールレス機能)のため、液漏れの懸念がありません。

サニタリー仕様で自吸力の高いポンプが欲しい

使用している非接触のサニタリーポンプの自吸力が弱くて困っています。

真空発生装置を装着したデフォーミングポンプでしたら、非接触式でありながら物理的限界である
-10mの自吸を実現します。また部品摩耗による自吸性能の変化はありません。

呼び水が不要なポンプが欲しい

ポンプ内部への呼び水が面倒なので何とかしたい。

真空発生装置を装着したデフォーミングポンプなら、全くのドライ状態でも強力な自吸が可能です。

ドライ運転

作業員のうっかりミスでドライ運転になり、よく部品が壊れる。何とかならない?

デフォーミングポンプは部品同士が非接触であり、且つ、メカニカルシールを使用していません。その為、何時間でもドライ運転して頂いても問題ありません。ドライ運転が必要なラインや、作業員の方のうっかりミスにも安心です。

伏虎金属のポンプは他社が対応不可のものでもセミオーダー品のため、対応可能なものが多いのでぜひ営業マンにご相談下さい。打ち合わせをして最も良いポンプをおすすめ致します。
特殊な液、お困りの液こそ、ぜひお問い合わせ下さい

page top

Page Topへ